2011年12月01日

持ち味の速攻で頂点目指す〜『玉村スピードスター』

玉村ミニバス.JPG
10月26日OA アイスポ Vol.69
〜持ち味の速攻で頂点目指す〜『玉村スピードスター』

伊勢崎・玉村町で活躍するアスリートや団体を紹介する、「いせさき新聞」と「いせさきFM」の共同企画です。第69回目は玉村町のミニバスチーム、玉村スピードスターの登場です。代表の川端さん、男女のキャプテンである兼目くんと井口さんにお話を聞きました。(10月26日放送、いせさきFM)
 ‐‐‐‐‐‐‐
――チームの歴史は。
川端 12年前に男女20人くらいで始まったチームです。
――今は何人くらいが活動していますか。
川端 男子19人、女子26人の合計45人です。――今はどういった練習をしていますか。
兼目 パス&ランというプレーと、ディフェンスが(相手選手の)コースに出ることを重点的にやっています。
井口 女子もディフェンスがコースに出ることを重点的に行っています。
――チームの武器と今後の課題は。
井口 男子並のスピードが武器です。課題は、今練習しているディフェンスです。
兼目 武器は、相手を抜く時のスピードです。今後はシュートを入れられるようにすることが課題です。
――今後に向けての意気込みを。
兼目 緊張せずにいつも通りのプレーを心がけ、練習の成果を発揮できるようにチーム一丸となって試合に臨みたいです。
井口 練習の成果を充分に発揮し、悔いの残らない試合をしたいです。
川端 中毛地区の予選が迫っていまして、女子は優勝を目指しています。男子は今年は強豪が多いので、ベスト4、準優勝を目途に1つ上の大会、県大会に行けたらいいと思います。
――最後に一言。
井口 もっと多くの人にバスケの楽しさを知ってもらいたいです。
兼目 小学生の皆さん、僕達とバスケを通じて一緒に楽しみましょう。
川端 みんな笑顔が絶えないように仲良く練習しています。小さい子から大きい子まで幅広く入っていますので、見学でも体験でも、一度来てみてください。

【アスリートメモ】玉村スピードスター。玉村南小を拠点に週4回の練習に励む。インタビューにも出た中毛地区大会で、女子が見事優勝を果たした。チーム名の由来は、監督の現役当時のプレースタイルである速攻に由来するとのこと。

写真:左から女子の井口主将、川端代表、男子の兼目主将。
posted by ラジオスタッフ at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | アイランドスポーツ −Sports−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51233581
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック