2011年12月01日

夢はウィンブルドン!〜『テニス・武井未来さん』

武井未来A.JPG
10月19日OA アイスポ Vol.68
タイトル:〜夢はウィンブルドン!〜『テニス・武井未来さん』

伊勢崎・玉村町で活躍するアスリートや団体を紹介する、「いせさき新聞」と「いせさきFM」の共同企画です。第68回目は、8月の群馬県小学生総体のテニス・高学年女子の部で単複二冠を達成した武井未来さんの登場です。同年代では無類の強さを誇る武井さんに、その強さの秘密を聞いてみました。(10月19日放送、いせさきFM)
 ‐‐‐‐‐‐‐
――テニスはいつから始めましたか。
武井 6歳から始めました。6つ年上の姉が楽しそうにテニスをしているのを見て、私もやってみたいと思い、一緒のテニスクラブに入りました。
――武井さんが得意とする形は何ですか。
武井 一番得意なのはフォアハンドストロークです。思い切り振り抜くショットが武器です。
――逆に、今後克服していきたい課題は。
武井 今の課題はファーストサーブのスピードを上げること、そしてセカンドサーブの正確性を上げることです。
――練習はどれくらいしていますか。
武井 週に5回くらいです。課題のサービスを重点的に練習しています。それに加えて、ボールに対して早く準備して動いて打つという練習をしています。
――課題のサーブ。どういった点に気をつけて練習していますか。
武井 体の使い方や足の曲げ方など、フォームをしっかり確認しながら練習をしています。
――昨年の小学生総体は惜しくも準優勝。この1年でどういう力がつきましたか。
武井 フォアハンドをより力強く打てるようになりました。自分の得意なところを磨くことが出来ました。
――ジュニアトーナメントが迫っています。目標は。
武井 やっぱり、優勝したいです。
――最後に一言。
武井 テニスはみんなで出来て、楽しいスポーツだと思うのでぜひ始めてみてください。

【アスリートメモ】武井未来さん。伊勢崎市立北第二小学校6年生。将来の夢についてマイクを向けてみると、プロになってテニスの本場・ウィンブルドンで試合をすることが夢だと語ってくれました。毎年恒例の市の陸上記録界にもリレーの代表選手として出場するなど、高い運動神経でさらに上を目指す。

写真:武井未来さん
posted by ラジオスタッフ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アイランドスポーツ −Sports−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51233540
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック