2010年07月28日

群馬県立伊勢崎商業高等学校卓球部(女子)

P1010236.JPGP1010231.JPGP1010230.JPG

7月28日OA アイスポ Vol.10

タイトル:〜インターハイ初出場〜『群馬県立伊勢崎商業高等学校卓球部(女子)』

伊勢崎・玉村町で活躍するアスリートや団体を紹介する、「いせさき新聞」と「いせさきFM」の共同企画です。第10回目は、群馬県立伊勢崎商業高等学校卓球部。部長の湯澤仁絵さん、副部長の磯田枝里さん、レーティキム・ヤユンさんに取材してきました。(7月28日放送、いせさきFMパーソナリティ谷川翔太記)
 ‐‐‐‐‐‐‐
―伊勢崎商業高等学校の卓球部の特徴について教えて下さい。
磯田 選手は22名。元気があって、負けず嫌い、個性的な仲間がいるチームです。
―チームをまとめる上で何か大切にしていることはありますか。
湯澤 人数が多いチームなので、まとめるのは大変ですが、自分から引っ張っていけるように心がけています。
―インターハイ初出場に至るまでの中で、何か印象に残っていることはありますか。
磯田 最後の試合で、今まで勝てなかった相手に勝てたことが印象に残っています。試合後はみんなで泣きました。
―普段はどんな練習をしているんですか。
湯澤 通常の平日夕方の練習だけでなく、地元の中学生との合同練習をしています。また遠征試合も多く、県外のチームと試合をすることで自分達の課題を見つけています。
―チームを率いる顧問の先生について教えてください。ヤユン 卓球の時は厳しいですが、普段はとても優しい先生です。東京の遠征の時に食事に連れていっていただいたことが印象に残っています。
―最後に一言。
湯澤 応援してくれた保護者の方や、一緒に頑張ってきた仲間や、先生方に恩返しできるように、群馬の代表として、1回でも多く勝てるように頑張りたいと思います。

【アスリートメモ】群馬県立伊勢崎商業高等学校卓球部。1950年創立。人数―22人。県内卓球部では最多人数で活気に溢れている。公式戦では保護者の応援団の声が響く。8月7日に行われる沖縄インターハイに初出場。
posted by ラジオスタッフ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アイランドスポーツ −Sports−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40104288
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック