2010年07月22日

伊勢崎ラグビースクール

P1010225.JPGP1010222.JPGP1010221.JPG

7月21日OA アイスポ Vol.9

タイトル:〜ラグビーは鬼ごっこの延長!?〜『伊勢崎ラグビースクール』

伊勢崎・玉村町で活躍するアスリートや団体を紹介する、「いせさき新聞」と「いせさきFM」の共同企画です。第9回目は、小学生を中心としたラグビーチームの伊勢崎ラグビースクール。校長の重田友規さん、ヘッドコーチの金井崇さん、次期キャプテンの楢原圭亮君に取材してきました。
(7月21日放送、いせさきFMパーソナリティ谷川翔太記)
 ‐‐‐‐‐‐‐
―伊勢崎ラグビースクールの活動内容を教えて下さい。重田 ラグビーが上手になるということではなく、ラグビーを好きになるということを目的としています。そして卒業後も思いやり、協調性、責任感のある大人になってもらいたいと思っています。コーチは26名、旧群馬県立伊勢崎東高等学校のOBが中心となっています。
―練習をする上で大切にしていることはありますか。重田 発足時に合言葉として使った言葉が、「Never give up.」最後まで全力を尽くして、ラグビーに勝つことより、自分自身に勝つことを目的としています。
―ラグビーをする上で一番楽しいところはどんなところですか。楢原 チーム全員で、ひとつの目標に向かっているところが楽しいです。
―女性や保護者の方も練習に参加されていると聞きましたが。
重田 7名の女生徒がいます。また保護者の方も練習を見ているだけではなく、お父さんがコーチになり、お母さん方ののチームもできつつあります。
―まだまだラグビーに馴染みがない方も多いかと思います。何かメッセージをいただけますか。金井 ラグビーは鬼ごっこの延長で、年齢を重ねるにつれてパスやタックルを覚えます。
怪我が多いスポーツと感じる方も多いかと思いますが、怪我はをする子供は少ないと思います。
―最後に一言。
金井 毎週日曜日9時から境島村のグランドで練習しています。どなたでもご参加お待ちしています。
重田 今年は毎年恒例の合宿や、初のナイター練習なども予定しています。興味のある方はご連絡いただければと思います。

【アスリートメモ】伊勢崎ラグビースクール。平成4年創立。人数―77人。小学生と保護者を中心に、毎週日曜日9時から島村渡船付近のグランドで練習。

写真:伊勢崎ラグビースクールの生徒の皆さん
posted by ラジオスタッフ at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アイランドスポーツ −Sports−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40104098
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック