2010年07月07日

群馬県立伊勢崎商業高等学校サッカー部

H22,6,26-27TbJ[ 226-456.jpg

7月7日OA アイスポ Vol.7

タイトル:〜群馬代表としてインターハイに出場〜『群馬県立伊勢崎商業高等学校サッカー部』

伊勢崎・玉村町で活躍するアスリートや団体を紹介する、「いせさき新聞」と「いせさきFM」の共同企画です。第7回目は、群馬県立伊勢崎商業高等学校サッカー部。主将の清水洸史さん、副主将の横塚栄紀さん、藤井亮さんに取材してきました。
(7月7日放送、いせさきFMパーソナリティ谷川翔太記)
 ‐‐‐‐‐‐‐
―先日行われた、インターハイ県予選の感想を教えてください。
清水 ギリギリの試合が多かったんですが、最後に2点取れて、相手と突き放せたので良かったです。
―印象に残っている場面はありますか。
藤井 準決勝の桐生第一との試合が一番苦戦したのですが、延長で自分のフリーキックから岡村君がヘディングで決めてくれたので、あのゴールはずっと忘れないと思います。
―チームがひとつになれた瞬間ってありましたか。
藤井 優勝した時、試合に出ていた11人だけじゃなくて、ベンチやスタッフのみんなで盛り上がって、一体になれたこと。良かったです。
―練習する上で、大切にしていることは何ですか。
横塚 サッカーを第一に考えて行動していることです。練習では謙虚で、一人一人がしっかり声を出すことを大切にしています。
―チームのスローガンを教えて下さい。
横塚 Pride of I SHOです。誇りを持ってプレーするという思いが込められています。
―監督の指導スタイルについて教えて下さい。
藤井 監督自身が1日24時間サッカーのことを考えて生活していて、人間的にも尊敬できる人です。
―最後に一言。
清水 インターハイでは、ひとつでも上を目指して頑張っていきますので応援を宜しくお願します。

【アスリートメモ】群馬県立伊勢崎商業高等学校サッカー部。1950年創部。人数―72人。校内グランドや市民病院北グランドなどで練習。6月27日インターハイ県予選で優勝。初出場となるインターハイの初戦(8月2日)で初戦突破を目指す。


写真:一致団結。群馬県立伊勢崎商業高等学校サッカー部
posted by ラジオスタッフ at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アイランドスポーツ −Sports−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40103968
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック