2022年07月09日

「表現ユニットえんぶる」(伊勢崎・玉村)

今回は伊勢崎市を拠点に活動する「表現ユニットえんぶる」代表の上田裕之さんにお話しを聞きました。

IMG_0287.JPG



名称を「劇団」とせず、「表現ユニット」しなかったのは"様々な表現をおこなっていけたら"との思いから。
そして、"作品ごとにいろんな人に参加してもらいたいとの思いから「ユニット」とした"そうです。
「えんぶる」は、"演劇、演じること、人と人との縁などの「えん」と、
"得る、出来る、良くする、し得る、する能力があるという意味を持つ be able to の「able(えいぶる)」"を足して、名付けたそうです。

2017年の結成から5年あまり。
小さな講演や演劇について考えるワークショップ「えんぶるラボ」を行ってきたそうです。

そして、7月23日(土)、24日(日)に初の大きな公演「父と暮らせば」を上演されるとのこと。
chirasi.jpg

チケットについてや詳細は、ぜひ【表現ユニットえんぶるホームページ】をご覧くださいね!
今後の活躍に目が離せません!
posted by ラジオスタッフ at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト −Guest−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189653311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック