2021年03月12日

壽ちんどん宣伝社 石原之壽さん(伊勢崎・玉村)

伊勢崎の民話をもとに紙芝居を作成されたということで壽ちんどん宣伝社座長 石原之壽さんにお話を伺いました。

IMG_0111.JPG



タイトルは「いせさき宮古の浦島太郎」。
海のない群馬県、しかも伊勢崎市に浦島太郎の民話が残っているといいます。
民話ライターの小暮淳さんの執筆された民話をもとに、イラストレーターの須賀りすさん、そしてことぶきさん協同で半年かけて紙芝居を制作されたそうです。

街頭紙芝居は伊勢崎神社で3月と4月に上演予定とのこと。
クイズも織り交ぜて、観覧にいらした方とコミュニケーションをとりながら行われるそうです。
気になる紙芝居の内容はぜひ伊勢崎神社にてご覧くださいね。
IMG_0112.JPG

<街頭紙芝居スケジュール>
◇3月13日(土)、14日(日) 午前10時〜午後1時 各回30分
◇4月10日(土)、11日(日) 午前10時〜午後1時 各回30分
3gatu.jpg
4gatu.jpg
posted by ラジオスタッフ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲスト −Guest−
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188456892
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック